性交時に意図せず剥けることもカントン包茎の原因

カントン包茎の症状とタイプを確認しよう

カントン包茎は平常時はスムーズに剥くことができるタイプ、平常時からスムーズに剥くことができないタイプの二つの種類に分けられます。
平常時はスムーズに剥けるタイプの場合には、勃起をした際に包皮をめくると、亀頭を露出することが可能です。
しかし途中で締め付け感や痛みを感じることになるでしょう。
これ以上剥けなくなることもあれば、無理をすればさらに剥けることもあります。
このタイプのカントン包茎の場合には、亀頭を全部露出させた場合には、陰茎などに強い締め付け感や激しい痛みを伴うことになります。
平常時からスムーズに剥くことができない場合には、無理をして包皮をめくらなければ亀頭を露出することができません。
これにより途中で締め付け感や痛みを感じることになるでしょう。
勃起してから剥くことは難しく、平常時に予め亀頭を全部露出させた上で勃起することで、陰茎などに強い締め付けや激しい痛みを伴います。

カントン包茎は意図せぬことが原因となり得ます

カントン包茎とは包皮輪が狭いのにも関わらず、包皮を剥いたまま放置、もしくは無理に剥いてしまったことが原因で、リンパ浮腫をきたして元に戻らなくなった状態を指しています。
このようなことから早期的に治療を行う必要があるでしょう。
カントン包茎に陥る原因には様々なものが挙げられますが、その原因には自分で無理に剥いてしまう、性交時に意図せずに包皮が剥けてしまうことから発生することが多く見られます。
この状態になるとうっ血してしまい、これを放置すると、場合によっては細胞の一部が壊れてしまう可能性も考えられます。
万が一壊死するようなことがあれば、性交はおろかマスターベーションなども難しくなります。
他の包茎と比べても非常に危険な状態と言えるでしょう。
取り返しのつかない状態になる前に、すぐにクリニックで相談する必要があります。
少しでも締め付けを感じるのであれば、無理に向こうとするのではなく、医師に相談して対象を仰ぐようにしましょう。

まとめ

このようにカントン包茎に陥る原因には、自分で無理に剥いてしまう、性交時に意図せずに包皮が剥けるなど、様々な原因があることがわかります。
この二つの原因を見ても、どちらも意図せぬことが原因になっていると分かるでしょう。
カントン包茎は放置することによって良いことは何もなく、場合によっては細胞が壊死するなど、かなりの危険を伴うことになります。
手遅れにならないようにするためにも、早い段階でクリニックで相談をすることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。