不適切な包皮の剥き方がカントン包茎の原因

カントン包茎の主な原因

カントン包茎に悩む人は意外と多いのですが、主な原因は不適切な剥き方だとされています。
包皮口の狭い仮性包茎の状態で無理に皮を剥いてしまい、亀頭が圧迫されてうっ血します。
ほとんどのケースでは包皮口が狭いために引き起こされていて、無理に力を入れて剥こうとすることが原因でカントン包茎になってしまうようです。
自分で気になって剥いてしまうケースが多いのですが、中には性行為の時等に意図せずにめくれてしまって、その結果カントン包茎になるケースもあります。

つまり、無理に皮を剥くことが原因でカントン包茎になってしまうのですが、その一部と亀頭が腫れてしまうと勃起していなくても腫れが残るようになり、包皮を元に戻せません。
その結果、一部が壊死してしまうこともありますので、この状態になったら早めの処置が必要です。
自力では治すことができませんので、専門のクリニックを受診して処置を受けることになります。

剥き方を誤ってカントン包茎になった後の対処法

包皮の剥き方が原因だと分かっていても、包茎が気になって触れてしまうことはあります。
触れているうちにめくれてしまい、カントン包茎の状態になってしまったら、一刻も早くクリニックを受診する必要があります。
カントン包茎自体は珍しいものではなく、多くのクリニックで治療を受けることが可能です。

治す場合には、手術を行うのが一般的です。
元に戻らなくなった包皮を切除するための手術を行い、術式はクリニックによって異なります。
術式を聞いても分からない人がほとんどですが、事前に細かな内容を聞いておくことは重要ですので、納得がいくまで説明を受けて分からなければ質問をしましょう。

手術を受けることに決めたら、様々な不安がつきまとうものです。
痛みを心配する人も多く、事前に聞きたいことの上位に入ります。
局所麻酔をした上で手術を行いますので、痛みに関してはそれほど心配をしなくても大丈夫です。
麻酔が切れた後の痛みは痛み止めで対処します。

まとめ

カントン包茎の主な原因は不適切な剥き方であり、無理に力を入れて剥こうとすると引き起こされます。
包皮の一部と亀頭が腫れてしまうと勃起していなくても腫れが残るようになり、自然に元に戻ることはありませんので、少しでも早く処置を受けなければなりません。

治す場合には、元に戻らなくなった包皮を切除するための手術をクリニックで受けます。
手術を受けることになったら様々な不安がつきまといますが、事前に納得がいくまで説明を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。