複数の原因によるカントン包茎にも注意

カントン包茎になる原因とは

カントン包茎は亀頭の下側が包皮口によって締め付けられているような状態のことを指しています。
なぜカントン包茎になってしまうのか、その原因は多くの場合、亀頭を露出させたまま放置する、といった行為にあるようです。

真性包茎を自分で治そうとして皮を引っ張り、亀頭だけ露出させたが今度は皮がもとの位置に戻らなくなった、そんな理由でカントン包茎になる人もいます。
包皮口がもともと狭いため、無理に亀頭を露出させることで、カントン包茎になってしまうのです。
また仮性包茎でも、包皮口が通常より狭い場合はカントン包茎になるリスクがあります。
性交渉の途中に急に皮がめくれ上がり戻らなくなった、というケースも有るようです。

いずれの場合も直接的な原因は、包皮をめくったままにしておくことにあります。
無理に包皮を引っ張らないように気をつけること、露出した亀頭をそのままにしないこと、という点に注意することが大切です。

カントン包茎は病院で治療できる

カントン包茎になってしまうと、亀頭周りに汚れが溜まりやすくなったり、勃起時に痛むなど様々な問題が生じます。
症状が軽く痛みも少ないという場合、我慢をしてやり過ごそうとする方もいるかもしれません。
しかし、亀頭炎や包皮炎などのリスクが高まるほか、血行不良の原因となる場合もあります。
症状が重度な場合、包皮口の締め付けのせいで亀頭に流れ込む血液量が不足し、壊死を招くリスクもあるのです。

カントン包茎は病院で治療することができますので、症状に気がついたらはやめに受診をしましょう。
包茎治療は費用が高いというイメージがあるかもしれませんが、カントン包茎は仮性包茎とは異なり、保険適用内で手術を受けることも可能です。
健康保険が適用される手術ならかなり低費用で受けることができますので、検討してみましょう。
ただし手術方法やクリニックによっては保険適用外となるケースもありますので、注意が必要です。

まとめ

カントン包茎の根本的な原因は、包皮口の狭さにあるといえます。
真性包茎の方が無理に皮をむいてしまったり、性交渉の影響で亀頭が露出する、といったことが引き金となり、カントン包茎になるのです。
無理に包皮を引っ張るなどしない、亀頭を露出したままにしない、といったことが予防対策となります。

カントン包茎になってしまったら、専門クリニックで適切な治療を受けましょう。
放置すると炎症等のトラブルに発展する恐れがありますので、きちんと対処することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。